EPA サプリメント

EPA・サプリメントとは、わかっているようで、意外にもわからないことが多くあるものです。意外と知らないEPA・サプリメントについての知識を解説しています。

ホーム

EPAの効果とサプリメントについて

EPA サプリメント

EPAサプリメントは、人気のサプリメントです。
エイコサペンタエン酸という名前が、EPAの正式名称です。
サプリメントでEPAを摂取する人が多いのは、体にいい効果が色々あるためです。
EPAを摂取することで、人の体はどのような影響があるでしょう。
血小板の凝集を抑える働きがEPAにはあるため、動脈硬化の予防になります。
動脈硬化のリスクが高まっているという人には、EPAはおすすめです。
心筋梗塞など、命に関わる症状が起きる要因となる、冠状動脈の状態を改善する作用があるとされています。
また、EPAをサプリメントで摂取することで、アレルギーの症状を軽くしたり、炎症への耐性がつくとされています。
炎症や、アレルギーを引き起こす成分の働きを弱め、成人病になりにくい体質にします。
ドロドロの血液をサラサラにすることが、EPAでは可能だといいます。
EPAを摂取することで、血中脂肪を調節できます。
血液中の中性脂肪の値を高いままにしておくと、高血圧、血栓症、高脂血症などのリスクが上昇します。
EPAは、GLP−1ホルモンというホルモンの働きを活発にすることで、ダイエット効果を高めるとも言われているようです。
たくさんの人がEPAのサプリメントを利用する背景には、生活習慣病の予防だけでなく、ダイエットにもいいことがあるようです。
健康を高めるために、EPAサプリメントを活用していきたいものです。

EPAサプリメントの選び方

EPA サプリメント

EPAは、体によい効果があるとして注目度の高い栄養素なので、多くの企業がEPAのサプリメントをつくっています。
価格も品質も色々なEPAのサプリメントが売り出されていますが、どんな見極め方をすればいいでしょう。
EPAだけでなく、DHAも摂取できるサプリメントが、望ましいといいます。
両者は非常に似通った成分ですが、一緒に体内に取り入れることによって、相乗効果が働くと言われています。
もともと、EPAを補給するために魚を食べると、魚に含まれているDHAも同時に摂取することになります。
EPAと、DHAは、長時間空気にさらされていると、酸化してしまうという欠点があります。
時間がたっても劣化しないサプリメントを探すなら、酸化剤が添加されているものになります。
サプリメントが酸化しないものを探すには、抗酸化作用があるビタミンEが入っているものを選ぶという方法もあります。
酸化したEPAやDHAは、もともとの機能が得られない以上に、体にとってマイナスの効果を及ぼすことがあります。
重金属が入っていない、鮮度のいい魚が原材料であることも大事です。
EPAの含まれたサプリメントを購入する時には、あらかじめ確認しておきたいことが色々とあります。
栄養成分のリストを確認することが、納得のいくサプリメント選びでは欠かせません。
化粧品等と比べると、サプリメントは製造原価が高くなる傾向があるといいます。
盛んにCMや広告を打ち出しているサプリメントがありますが、宣伝費にかかる費用が高く、商品自体のコストは驚くほど安価なこともあります。
EPAサプリメントを選ぶ時には、質や価格に納得のいくものを選びたいものです。

EPAサプリメントの副作用

EPAサプリメントを用いることで、身体的なトラブルが起きることはあるでしょうか。
マグロ、鰹、サバ、サンマなどの魚に含まれているEPAは、健康に役立つ様々な効果があると言われています。
例えば、サンマやカツオを食べ過ぎても、副作用が起きたりはしません。
魚離れが進んでいる現在の食事を考えると、EPAのサプリメントを摂取することは問題はないでしょう。
サプリメントを利用することで、魚から摂取する栄養成分を効率的に得ることがてぎます。
一日に、3g以上のEPAを体内に取り入れると過剰状態になりますので、魚とサプリメントを併用するという日は、用心することです。
血小板の働きを抑える効果がEPAにはあるため、出血時の血が凝固しづらくなってしまう可能性があるといいます。
一日の必要摂取量は、EPAの場合は1gから2gですので、オーバーしすぎないようにします。
食事によく魚を用いているという人は、EPAサプリメントの飲む量は、それほど多くなくてもいいかもしれません。
調理法によって、EPAが減ることがあります。
煮魚、焼き魚、揚げ物などにした時です。
サプリメントの摂取量を調節して、バランスをとってください。
EPAのサプリメントを、血流を促進するサプリメントと併用する場合は、副作用が起きないように量を減らすといいでしょう。
EPAは空気に触れていると酸化しやすいので、ビタミンBや、ビタミンCと併用するのもおすすめです。
EPAサプリメント飲んでいる人が、ワーファリンを服薬していると、ワーファリンの効果が出すぎる場合があります。
EPAサプリメントと、他のサプリメントや薬を併用したいという人は、薬剤師や、医師に相談してからにしましょう。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2018 美容と健康を支える栄養素をサプリメントで摂取しよう All rights reserved.